アグリテック

IoT に関して

らない探求 – イスラエルのアグリテック

 

イスラエルは数十年にわたり農畜水産物におけるアグリフードテックのイノベーションをリードしてきた。持続可能性に至る新たな道を模索し続けるこのエネルギーはスラエルの経験とイノベーションを必要とする無数の国々に刺激を与えてきました。

 

 世界人口の爆発的な増加を支えるために、食料生産・供給プロセスにはさまざまな科学が応用されています。「低価格・持続可能性・健康」という最大の目標を達成するための効率的な生産方法だけでなく、天然資源と環境に優しい新しい栽培技術も必要とされています。イスラエルの起業家や技術者は、これらの課題を克服するために精力的に動いています。

 

変わらぬ高い関心

アグリフードテック分野は成長著しく、過去5年間でこの分野への投資は2倍以上に増えています。2019年には1億9,900万ドル (39件のディール)、2020年は9月までに1億1,800万ドル (26件のディール) が投資されました。目下、イスラエルには390社のアグリフードテック関連企業が存在しています。イスラエル政府は有望なスタートアップ企業の「シード」ステージへの成長を資金調達面で支援してきました。

 

5つの分野の課題

次の5つの分野でさまざまな取り組みが行われています。1. 農産物、畜産物、水産物の品種改良。2. 栽培促進 (水資源管理、病原菌・病害虫管理、収量管理)。3. 収穫物の保存サプライチェーンの保護。4. 代替食品の開発。5. 新たな食品加工技術の研究・開発。

 

イノベーションの新しい波

また、過去6年にわたってイノベーターたちは農業、軍事、学術を融合させた新たな分野を切り開いてきました。多くはキブツ出身者で、そこ (キブツ) で新たなアイデアが試されることも少なくありません。中核となる技術はデータ処理、機械・ロボット工学、センシング技術、生物工学、材料・物質工学、インフラ関連部材です。

 

イノベーション企業の例

  • 品種改良)- NRGenePhenome NetworksEquinom: 作物の耐性を高め、収穫量を増やす遺伝子や物質を検出。

 

  • 生産・収穫管理)- CropXTaranisSeeTree: ビッグデータ、複雑なアルゴリズム、精巧なセンシングシステムを利用して管理と生産性を向上。

 

  • 病原菌・害虫管理)- SkyxAgroScout: ドローンで圃場ごとに状況を「可視化」して、空中散布計画を個別に作成・調整。Green-Eye Technology: トラクターに取り付け可能なセンシング装置の開発。

 

  • 代替食品)- SavorEat: 本物の肉のような味・食感のベジタリアン向け人口肉の生産。Aleph Farms: 培養肉ステーキの栽培。DouxMatok: 乾燥加工食品の糖分を50%削減。Amai Proteins: 砂糖の代わりとなる天然の甘味タンパク質の研究・開発。

 

  • 水資源管理)- Saturas: 小型センサーで茎の水ポテンシャルを測定し、灌漑の精度と効果を向上。N-Drip: 電力不要で湛水灌漑から点滴灌漑に移行。Phytech: 植物の茎や果実の水分補給レベルを測定するセンサーの開発。Manna: 圃場内センサーなしで水分補給レベルを読み取り。

 

耕作地が減少する中で食料生産量を上げるには、より多くの科学的な知見が求められますが、この点でイスラエルは大きく貢献しています。2014年以来、30社を超える多国籍企業がイスラエルのアグリフードテック関連企業とさまざまな形で提携を結んできました。提携件数は40件に及び、その数は増加傾向にあります。

 

2019年と2020年は、海外市場へと活動を広げるイスラエル企業の動きが特に活発です。例えば、CropXは米国とコスタリカの農業企業との提携を開始したほか、2つの企業(米国とニュージーランドの企業)を買収しました。

 

日本とのつながり

BeeHero、Enzymit、Equinomなどのイスラエル企業はすでに日本に進出しており、Taranis、CropX、Phytech、Hinoman、GemmaCertは日本企業から資金を調達しています。

 

参照元: Israel’s Agrifood-Tech sector 2019 – Start-Up Nation Central

 

イスラエルのアグリテック産業の最前線に興味がおありですか? 当地で幅広いコネクションを持つKEYZUNAが、日本企業の皆さまのニーズを正確に把握し、最適なイノベーターを探すお手伝いをします。

 

続きを読む