オートテック 

 

オートテック 

オートテックへのダイナミックな取り組み

 

オートテックを抜きにして、イスラエルのハイテク事情を語り尽くすことはできません。数あるイノベーティブな取り組みの中でも特に成長著しい分野ですが、この成長は何によって支えられているのでしょうか。

 

イスラエル国内にオートテック市場が存在しないことが、この分野に対するイノベーティブな取り組みを止める理由にはなりません。現在イスラエルはシリコンバレー、ドイツの自動車メーカー周辺企業と並んで、オートテックにおけるR&Dの3大拠点の1つに数えられています。

 

現在の状況

数多くのスタートアップ企業がこの分野が持つポテンシャルに注目しています。オートテックに直接関係している企業の数は、より成熟段階にあるものだけでもおよそ380社に上り、プレシードからその設立までさまざまな段階の企業が資金調達に成功しています。オートテックには6つのメインセクターと31のサブセクターがあります。

 

McKinsey Center for Future Mobility(MCFM)の報告によれば、2010年以降にイスラエルのオートテック分野に投資された総額は180億ドルを超えています。この額は米国と中国には後れをとっているものの、ドイツや日本を上回っています。現在、大手自動車メーカー15社のうち10社がR&Dとイノベーションの調査のためにイスラエルに現地オフィスを構えています。

 

イスラエルの有利性

オートテック分野で車両サイバーセキュリティやテレマティクスとともに、最も注目を集めているのが自動運転技術です。イスラエルでは、これまでソフトウェア・IT分野で築いてきた強固な基盤をベースにして「スマートモビリティ」が推進されています。これは、 車両の制御や非所有者の車両利用を定量化することでより効率的な移動を実現する試みです。

 

例えば、サイバー攻撃に対する車両の自己防衛機能、最先端のレーザーセンサーによる乗員の保護、信号機の制御による通勤時間の短縮、道路インフラへのテクノロジーの組み込みなどがあります。

 

水素・燃料電池

イスラエルはこの分野では後発組です。これまでの代替燃料の研究で中心となっていたのは電気化学(EVバッテリー)でしたが、現在では多くの大学の研究室で水素 / 燃料電池の研究が進んでいます。テクニオンのHydrogen Technologies Research Laboratory(HTRL)もその中の一つです。

 

他にも、Electriq-Globalのようなスタートアップ企業は、圧縮水素の課題を部分的に補うことができる革新的な水素キャリアの開発を進めています。

 

イノベーションの動機

イスラエルがこれほどまでにオートテックを重視しているのは、渋滞が常態化しつつあることが大きな理由です。すでにその混雑度は欧州小国の平均値の3倍に及びます。路上の車両数の削減とライドシェアの普及により、公共交通システムを大幅な改善することが唯一の答えです。

 

政府の支援

スマートモビリティとオートテックはイスラエル政府から継続的な支援を得ています。首相府の燃料選択およびスマートモビリティ構想の最高責任者、アナット・ボンシュティエン博士は、7年前にECOMOTIONを設立しました。これはスマートトランスポートコミュニティの構築を目的とする非営利団体です。今日、ECOMOTIONは多くのオートテックの構想やイベントを主導、支援するための中心的な役割を担っています。

 

多くのイスラエル人はオートテックが「国の主流政策」になり、よりスマートで持続可能な輸送手段への移行を後押しする強力なインセンティブになることを望んでいます。

 

ボンシュティエン博士はいいます。「私たちはイスラエルがオートテックの中心的な開発拠点になるだけでなく、そのイノベーションを支える価値あるテスト市場になることを目指して取り組んでいます」

———

この記事では、イスラエルの魅力的なオートテック業界について簡単な洞察を行いました。オートテック業界と深いつながりのあるKEYZUNA が、あなたに最適なイノベーター探しをお手伝いします。

オートテックへのダイナミックな取り組み

 

オートテックを抜きにして、イスラエルのハイテク事情を語り尽くすことはできません。数あるイノベーティブな取り組みの中でも特に成長著しい分野ですが、この成長は何によって支えられているのでしょうか

 

イスラエル国内にオートテック市場が存在しないことが、この分野に対するイノベーティブな取り組みを止める理由にはなりません。現在イスラエルはシリコンバレー、ドイツの自動車メーカー周辺企業と並んで、オートテックにおけるR&Dの3大拠点の1つに数えられています。

 

現在の状況

数多くのスタートアップ企業がこの分野が持つポテンシャルに注目しています。オートテックに直接関係している企業の数は、より成熟段階にあるものだけでもおよそ380社に上り、プレシードからその設立までさまざまな段階の企業が資金調達に成功しています。オートテックには6つのメインセクターと31のサブセクターがあります。

 

McKinsey Center for Future Mobility(MCFM)の報告によれば、2010年以降にイスラエルのオートテック分野に投資された総額は180億ドルを超えています。この額は米国と中国には後れをとっているものの、ドイツや日本を上回っています。現在、大手自動車メーカー15社のうち10社がR&Dとイノベーションの調査のためにイスラエルに現地オフィスを構えています。

 

イスラエルの有利性

オートテック分野で車両サイバーセキュリティやテレマティクスとともに、最も注目を集めているのが自動運転技術です。イスラエルでは、これまでソフトウェア・IT分野で築いてきた強固な基盤をベースにして「スマートモビリティ」が推進されています。これは、 車両の制御や非所有者の車両利用を定量化することでより効率的な移動を実現する試みです。

 

例えば、サイバー攻撃に対する車両の自己防衛機能、最先端のレーザーセンサーによる乗員の保護、信号機の制御による通勤時間の短縮、道路インフラへのテクノロジーの組み込みなどがあります。

 

水素・燃料電池

イスラエルはこの分野では後発組です。これまでの代替燃料の研究で中心となっていたのは電気化学(EVバッテリー)でしたが、現在では多くの大学の研究室で水素 / 燃料電池の研究が進んでいます。テクニオンのHydrogen Technologies Research Laboratory(HTRL)もその中の一つです。

 

他にも、Electriq-Globalのようなスタートアップ企業は、圧縮水素の課題を部分的に補うことができる革新的な水素キャリアの開発を進めています。

 

イノベーションの動機

イスラエルがこれほどまでにオートテックを重視しているのは、渋滞が常態化しつつあることが大きな理由です。すでにその混雑度は欧州小国の平均値の3倍に及びます。路上の車両数の削減とライドシェアの普及により、公共交通システムを大幅な改善することが唯一の答えです。

 

政府の支援

スマートモビリティとオートテックはイスラエル政府から継続的な支援を得ています。首相府の燃料選択およびスマートモビリティ構想の最高責任者、アナット・ボンシュティエン博士は、7年前にECOMOTIONを設立しました。これはスマートトランスポートコミュニティの構築を目的とする非営利団体です。今日、ECOMOTIONは多くのオートテックの構想やイベントを主導、支援するための中心的な役割を担っています。

 

多くのイスラエル人はオートテックが「国の主流政策」になり、よりスマートで持続可能な輸送手段への移行を後押しする強力なインセンティブになることを望んでいます。

 

ボンシュティエン博士はいいます。「私たちはイスラエルがオートテックの中心的な開発拠点になるだけでなく、そのイノベーションを支える価値あるテスト市場になることを目指して取り組んでいます」

———

この記事では、イスラエルの魅力的なオートテック業界について簡単な洞察を行いました。オートテック業界と深いつながりのあるKEYZUNA が、あなたに最適なイノベーター探しをお手伝いします。

続きを読