サイバー

サイバー

世界的イスラエルサイバーテクノロジー

 

2018年にイスラエルのサイバーセキュリティ業界に対して行われた民間投資は前年を22%上回り、10億ドルを超えました。現在イスラエルには米国に次いで世界で2番目に多様なサイバーエコシステムが確立しています。

 

 

常時危険に晒されている小国イスラエルは、敵対国の侵略を防ぐためにサイバーセキュリティに多額の投資を行ってきました。敵対国に対して優位であり続けるためには絶えずイノベーションを起こさなければなりませんが、イスラエルではさまざまなスタートアップ企業がその推進力を生み出しています。このようなイスラエルのサイバーに関するノウハウの需要が近年高まっています。

 

サイバー脅威において先駆的な役割を担っているイスラエルですが、その業界は多岐にわたります。イスラエル国家サイバー総局(INCD)がサイバー関連として挙げている業界は次の通りです。

 

  • 不正行為や個人情報、アクセスの管理
    • アプリケーションおよびウェブセキュリティ
    • ネットワークセキュリティ
    • エンドポイントセキュリティ
    • インテリジェンス / ガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)
    • サイバーセキュリティサービス
    • データの保護と復元
    • モバイルセキュリティ
    • 産業制御システム(ICS)/ IoTセキュリティ
    • クラウドセキュリティ
    • 自動車セキュリティ
    • 医療セキュリティ

 

イスラエルがサイバー関連業界をリードしているのは次のような理由によるものです。

 

1. 政府が行政、軍、企業、大学間の交流を活性化するため仲介役やビジネスの触媒としての役割を担っている。

 

  1. 軍がスタートアップ企業のインキュベーターやアクセラレーターとしての役割を担っている。著名な8200部隊は優秀な若者たちを惹きつけます。このような若者たちが兵役などを通じて国防に大きく貢献した後、サイバー関連業界へと進みます。

 

  1. 人的資源に対して多大な投資を行っている。イスラエルの高校・大学ではサイバー関連の授業を選択することができます。また、全国各地にサイバーセキュリティに特化した大学の研究センターが6校あります。

 

  1. 学問を横断して多様性を体験することで大きな刺激が生まれる。私たち人間は一つの物事をさまざまな角度から捉え、自分自身を変化させることで新しい地平へと達することができます。

 

  1. 現在のサイバーセキュリティ戦略の重点が潜在的な攻撃者ではなく潜在的な脅威に置かれている。この戦略は堅牢さ、復元力、防御力の各要素に依存しており、これらすべてが共同で作用することが求められます。

 

民間航空、医療、デジタルヘルスケアなど民間企業によるサイバー対策が遅れている一部の分野では、イスラエル政府がINCDを通じて、すばやく効果的にサイバー対策を行うために広範囲にわたる研究開発を主導しています。 

 

また、INCDには不正な「選挙干渉」を防ぐという課題もあります。他国やグローバルな組織が選挙に介入するのを防ぐにはどうすれば良いでしょうか?INCDの「サイバーブレイクスルー」プログラムでは、プライベートVCからの投資を期待できないリスクの高い民間プロジェクトをサポートしており、これが「革新的」な進歩を支える土壌となっています。  

 

この記事ではイスラエルの魅力的なサイバー業界について簡単な洞察を行いました。サイバー業界と深いつながりのあるKEYZUNA が、あなたのニーズに最適なイスラエルのイノベーターを見つけ出すお手伝いをいたします。

サイバー世界におけるイスラエル

 

2018年にイスラエルのサイバーセキュリティ業界に対して行われた民間投資は前年を22%上回り、10億ドルを超えました。現在イスラエルには米国に次いで世界で2番目に多様なサイバーエコシステムが確立しています。

 

 

常時危険に晒されている小国イスラエルは、敵対国の侵略を防ぐためにサイバーセキュリティに多額の投資を行ってきました。敵対国に対して優位であり続けるためには絶えずイノベーションを起こさなければなりませんが、イスラエルではさまざまなスタートアップ企業がその推進力を生み出しています。このようなイスラエルのサイバーに関するノウハウの需要が近年高まっています。

 

サイバー脅威において先駆的な役割を担っているイスラエルですが、その業界は多岐にわたります。イスラエル国家サイバー総局(INCD)がサイバー関連として挙げている業界は次の通りです。

 

  • 不正行為や個人情報、アクセスの管理
    • アプリケーションおよびウェブセキュリティ
    • ネットワークセキュリティ
    • エンドポイントセキュリティ
    • インテリジェンス / ガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)
    • サイバーセキュリティサービス
    • データの保護と復元
    • モバイルセキュリティ
    • 産業制御システム(ICS)/ IoTセキュリティ
    • クラウドセキュリティ
    • 自動車セキュリティ
    • 医療セキュリティ

 

イスラエルがサイバー関連業界をリードしているのは次のような理由によるものです。

 

1. 政府が行政、軍、企業、大学間の交流を活性化するため仲介役やビジネスの触媒としての役割を担っている。

 

  1. 軍がスタートアップ企業のインキュベーターやアクセラレーターとしての役割を担っている。著名な8200部隊は優秀な若者たちを惹きつけます。このような若者たちが兵役などを通じて国防に大きく貢献した後、サイバー関連業界へと進みます。

 

  1. 人的資源に対して多大な投資を行っている。イスラエルの高校・大学ではサイバー関連の授業を選択することができます。また、全国各地にサイバーセキュリティに特化した大学の研究センターが6校あります。

 

  1. 学問を横断して多様性を体験することで大きな刺激が生まれる。私たち人間は一つの物事をさまざまな角度から捉え、自分自身を変化させることで新しい地平へと達することができます。

 

  1. 現在のサイバーセキュリティ戦略の重点が潜在的な攻撃者ではなく潜在的な脅威に置かれている。この戦略は堅牢さ、復元力、防御力の各要素に依存しており、これらすべてが共同で作用することが求められます。

 

民間航空、医療、デジタルヘルスケアなど民間企業によるサイバー対策が遅れている一部の分野では、イスラエル政府がINCDを通じて、すばやく効果的にサイバー対策を行うために広範囲にわたる研究開発を主導しています。

 

また、INCDには不正な「選挙干渉」を防ぐという課題もあります。他国やグローバルな組織が選挙に介入するのを防ぐにはどうすれば良いでしょうか?INCDの「サイバーブレイクスルー」プログラムでは、プライベートVCからの投資を期待できないリスクの高い民間プロジェクトをサポートしており、これが「革新的」な進歩を支える土壌となっています。

 

この記事ではイスラエルの魅力的なサイバー業界について簡単な洞察を行いました。サイバー業界と深いつながりのあるKEYZUNA が、あなたのニーズに最適なイスラエルのイノベーターを見つけ出すお手伝いをいたします。