IoT

 

IoT

世界的イスラエルIoTの進歩

 

 

イスラエルのIoT分野では、あらゆる種類のIoTアプリケーション開発が進められています。 IT環境ではインターネット関連のプロジェクトに重点が置かれており、1つの成功は別の成功に繋がっています。

 

確かに、インターネットは現在までで最高の発明です(車の発明に次いで)。 30年前、ボタンを押すだけでこんなに多くのことが達成できると誰が考えたでしょうか。現在、IoTは生活のすべてをつなぐことを約束しています。エキサイティングで気が遠くなるほどイスラエルは中心的な役割を果たしています。

 

世界をリードするテクノロジー

IoTに関与しているイスラエルのテクノロジー企業の数を把握することは簡単ではありません。 1つの推定では、6100のアクティブなスタートアップのうち5%程となります。別の推定では、この分野には約330社が設立されています(設立企業と新興企業の両方)。実際の数がどうであれ、それは非常に多くあるのです。

 

これらのIoT企業は無数の市場にサービスを提供しています。これらには、アグリテック、ヘルスケア、輸送、スマートホーム、衣類からベビーケアに至るまでの消費者製品が含まれます。

 

重要なセキュリティー

セキュリティは、多くのイスラエルのIoT企業の中心的なトピックです。たとえば、SecuriThingsはすべてのクラウド接続デバイスを監視し、個人の家、スマートシティ、産業システムへの不正アクセスから保護します。 SaferVPNは、安全なプライベートネットワークを使用して、安全でないパブリックWi-Fiホットスポットに接続するデバイスを保護します。

 

Secret Double Octopusは、デバイス間の「秘密共有」通信プロトコルを作成して、デバイスがハッキングされないようにします。 ForeScoutは、IoTデバイスがネットワークに接続するとすぐに認識して監視します。 RegulusXなどの企業は、商用ドローンを攻撃から保護しています。ドローンがプログラムされた経路から迂回しないようにします。

 

多くの多国籍企業がイスラエルに研究開発センターを設立することを選んだのも不思議ではありません。 Intel、Microsoft、Broadcom、IBM、EMC2など、一部の企業も10社以上の地元企業を買収しています。

 

最新ロボット化車両

多くのイスラエルの技術者とスタートアップにとって、彼らの目標はスマートカーの進化を加速することです。彼らは、車両を自動車IoTのさまざまな部門の高度データを運ぶプラットフォームと見なしています。

 

車両のサイバーセキュリティ分野では、そのような企業にはArgus Cyber​​ Security、Karamba Security、およびRegulus Cyber​​が含まれます。車内の人工知能には、CognataとCorticaがあります。別の領域は、車車間通信(V2V)および車車間通信(V2X)です。これらの分野の企業には、Autotalks、Guardian Optical Technologies、Nexarなどがあります。次に、Arbe Robotics、Innoviz Technologies、SaverOneなどによって開発された高度なドライバー保護システムがあります。

 

Mobileyeの製品および戦略担当副社長は、やがて、車両が最初の商用展開ロボットになると予測しています。そしてリアルタイムの人工知能から収益を得るものになるでしょう。彼は、これがデータサイエンスの最前線でありイスラエルがリーダーの1つになると述べています。これは可能性が高いと思われます。

 


この短い概要では、イスラエルのIoT企業の環境について説明しています。 KEYZUNAは彼らと常に連絡を取り合っており、国際協力に適した独自のアイデアと安定性を備えたものを見つけています。日本人の訪問者であるあなたがあなたの特定のニーズに最も適したイスラエルのイノベーターを見つける支援をいたします。

続きを読む