メッセージは正しく伝わっていますか 

あなたのメッセージはきちんと伝わっていますか 

海外向けビジネスの時が来たと仮定しましょう。さて、どのようなメッセージであれば海外ターゲットの心を打つ事ができるでしょうか。英文ビジネスコピーライターのプロが実践する、五つのコツをお教えします。英語でのコユニケーションをご紹介いたします。

ビジネスに限らず、思っている事をきちんと伝え、正しく理解してもらうという事は簡単な事ではありません。それが外国語であればなおさらですし、さらには決められたスペースと時間内となると、これはもう至難の技です。ではどうすれば良いでしょうか。これはすでにマーケティング・コミュニケーションのプロの専門分野なのです。プロのコピーライターの仕事というのは、細心の注意を払い、綿密な計画をたて、あなたの伝えたい事をしっかり正確に伝えるメッセージを作成する事なのです。

それではプロの実践する、伝えたい事をきちんと伝えるメッセージ作成の5つの英語コミュニケーションのコツをお教えします。

1)読者の視点に集中する

例えば、「幅広い製品を取り揃えております」と書くのではなく、「あなた(ターゲット)のニーズと予算にぴったりの製品を取り揃えております」のように、「私」(売り手)を主語とするのではなく、「あなた」(ターゲット)視点でメッセージを書くと印象はがらりと変わります。このように伝え方を工夫するというのがプロのお教えする、一つ目のコツです。

2)心に届く言葉だけを厳選する

言葉の隠し持つパワーを最大限に生かし、ターゲットの想像力をかきたてる、クリア且つ心に残る言葉を選びましょう。そのためには、ただ英語が話せるというだけでは不十分なのです。

3)簡潔な言葉で伝える

例えば、”Because a great many of the words in this sentence are basically unnecessary, it would really be a very good idea to edit them”(24語). 

という文章は、”Because many words in this sentence are unnecessary, we should edit them”(12語)のようにシンプルで簡潔な言葉に置き換えましょう。伝える内容に変わりはありません。

4)事実と利便性をクリアに伝える

使い古された言葉は記憶には残りません。例えば、「我々の製品(サービス)は業界内トップクラスです」のように誰にでも使える言葉ではなく、「我々は(ある特定の)製品において過去2年の間に販売成長20%増を達成しました。」のように、ターゲットの記憶に残る、より具体的な事実を引用しましょう。

5)プレゼンテーションが全て

読み手は、印象に残るタイトルと簡潔な文脈、それからスムーズな説明の組み合わせにより、すんなりと内容を飲み込む事ができます。スムーズな流れを阻害する言葉の重複は、きれいさっぱり削ぎ落としましょう。英語コミュニケーションとしてスムーズで無駄の無いプレゼンテーションは、競合社の先を行くための重要な手段です。

プロのコピーライティングとは、例えるなら華道と共通するものがあります。華道では花の一輪一輪が厳選され、その存在感を放つ最適な場所に生けられます。プレゼンテーションにおいても、言葉を厳選し最適な場所に配置する、という点で華道に通ずるものがあります。

マイク・ドルットマンはイスラエル日本商工会議所の会員です。英文ビジネスライター兼マーケティング・コピーライターです。日本企業の円滑で効果的なグローバルビジネスコミュニケーションをサポートしています。

マイク・ドルットマン

英文ビジネスライター兼マーケティング・コピーライター