イスラエルのスタートアップ

 

 

 

イスラエルスタートアップ

世界のイスラエルスタートアップ

 

「イノベーションサーチ」のためイスラエル出張する企業は優れたイスラエルスタートアップを見つけようとしていま。イスラエルのスタートアップシーンを客観的に見てみましょう。

 

統計から始めましょう。イスラエルのスタートアップは6000ほどのあるといわれています。それはたぶん本当でしょう。ただし、定義として「安定したスタートアップ」、つまり事業履歴があり明日も生存するものであれば、2,400(-60%)ぐらいの数字が合理的です。

 

主に中心都市に所在

イスラエルのスタートアップの所在地は、海岸平野全体に沿っているか、また北部とベルシェバ地域に位置しています(下の地図に赤印で表示)。多くはテルアビブの広い地域にありますが、場所はスタートアップの価値を示すものではありません。一部の非常に有能な人々は外部の静かな場所で働くことを選択します。

 

 

https://mappedinisrael.comの儀礼地図

 

スタートアップアクセラレータ(茶色)、投資会社(紫色)、およびR&Dセンター(緑色)はすべて、同様のロケーションパターンを持っています。全体的な見方では思想的リーダーであることに大きくコミットしている小さな国です。

 

 広範囲な財政支援

イスラエルは、スタートアップが提供する「次の大きなアイデア」を探すあらゆる規模の組織により支援を提供しています。これらには、技術インキュベーター、国際研究開発基金、ベンチャーキャピタル基金が含まれます。これらはすべて、イスラエル政府省庁によって助成されています。大学には研究財団もあり、その機関内で開発されたバックテクノロジーもあります。

 

スタートアップは、全国に40の支社を持つ政府支援の事業開発機関であるMAOFのサービスも利用しています。 MAOFから彼らは 専門家によるビジネスのアドバイスと支援、ビジネス計画の準備、資金調達の支援をうけています。

 

社会的利

誰もがイスラエルのスタートアップの成功の理由について話します。そこで、4つの主な理由を要約します。

 

  • 蜜接 – 人々はイスラエル社会と密着しています。学校で、軍隊で、そしてその後も繋がりを保ちます。ある程度の分離があっても誰もがすぐに連絡を取ることができます。

 

  • 勇気 – 精神は「さあ、アイデアが機能するかどうかチャンスを掴んでみよう」です。それが失敗しても、それは問題ではない。これは、将来の成功への足掛かりに過ぎず、再挑戦することを奨励しています。

 

  • 野望 –  スタートアップの若者はスタートアップを設立する前に約4年間ほど、他の企業で従業員として従事しています。彼らを前進させるのは彼ら自身のペースと方向を設定させることができる自由からなりたちます。

 

  • サバイバル – イスラエルは小さな国内市場であり孤立しています。挑戦は国際市場にあります。これは世界の舞台で働くことができる新しいアイデアを作成することへの意欲を刺激するものです。

 

スタートアップもスケールアップできますか

イスラエルがイノベーションに非常に強いことは間違いありません。マーケティングスケールでポイント0からポイント1(プロトタイプをテストするための新しいアイデア)に到達し、新しいアイデアやアプリケーションを願望しています。しかし、イスラエルがこれらのアイデアをポイント1からポイント100(テスト済みのプロトタイプから完全な生産と販売まで)にどのように取り入れることができるかについて、いくつかの疑問が提起されます。

 

フォーブス誌の最近の記事によると、イスラエルスタートアップのリーダーは、プロセスと人事の2つの分野でより大きな経験を必要とされます。プロセスについては、適切な計画と、各開発段階で十分な時間を確保する上で、企業幹部はより熟練している必要があると述べています。人事に関しては、これらのリーダーは大胆で実用的な開発チームを構築する必要があります。 これらの理由により、イスラエルのスタートアップとより熟練した海外企業(日本など)との接続は両方にとって成功する可能性をもたらします。市場カテゴリーを慎重に定義するとイスラエル企業は開発し、日本企業はそれを拡大します。

  

スイスの例に従

 

イノベーションを求めているのは日本企業だけではありません。スイスもそうです。 Swiss Postは、世界で最も先進的な物流会社の1つです。 2018年には、1,898億通の手紙と1億3,800万通の荷物を配達しました。彼らは、長年にわたって粗悪なサービスを提供してきたIsrael Postとリンクしています。イスラエルシステムの多くの手紙は、届くまでに10日はかかりますし届かない場合もあります。それで、アピールはどこにあるでしょうか。

 

イスラエルポストは昨年、人工知能、デジタルサービス、自動化を適用することで、投稿されたアイテムを配信するビジネスを完全に変革することを決定しました。 彼らは「イノベーションセンター」を設立し、イスラエルのスタートアップにパッケージの返品の合理化、サービス管理の改善、列とピーク配送の調整、無人店舗のセットアップ、物流とロボット工学の処理そして通関の迅速化などのタスクのソリューションを提供するよう招待しました。

 

スイスポストは、これらに協賛を希望したため、イスラエルポストに近づいたのです。彼らはプロジェクトを選択し、関連するイスラエルのスタートアップがスイスのワークショップに招待されました。選ばれた人々は、スイス郵便からの資金でプロジェクトを実行します。

 

イスラエルのベンチャーキャピタル会社とイスラエル政府は他のプロジェクトに資金を提供するでしょう。郵便サービスの40%の株式は個人投資家に売却されました。2018年、イスラエルポストはイスラエルで6,500万件のパッケージを配達し、その数は増加しています。イスラエルスタートアップとSwiss Postの協力があれば、今日のような失敗ではなく、成功する公共サービスになるかもしれません。

これらは、イスラエルスタートアップの性質に関する特別な洞察です。KEYZUNAは彼らと密接に連絡を取り合っており、国際協力に適した独自のアイデアと安定性を備えたものを見つけています。是非、私たちに日本の訪問者の特定のニーズに最も適したイスラエルイノベーターを見つけるお手伝いをさせてください。

続きを読む