イスラエルで成功する日本企業

日本企業のイスラエルでの成功

ついに到来!イスラエルへの往復直行便は2020年3月に開始されます。これは日本とイスラエル関係の大きな進展と言えるでしょう。今後、多くの日本企業がイスラエルイノベーションを見つけるためこの地を訪れるようになると思われます。最初の訪問からB2Bミーティングを持つことはできるでしょうか? KEYZUNA の Mike Druttmanマイク・ドルットマン氏は「勿論!」と言います。

日本とイスラエルとの関係はとても魅力的なものです。両国間の承認は1952年に始まり1956年にイスラエル – 日本友好親善協会が設立されました。しかし67年間のうちの62年間の関係は「クール」でかなり遠いものでした。そして画期的な出来事は2014年に起こります。両国のトップレベルの訪問以来日本イスラエルビジネス関係の輪が急速に変わり始めました。

より多くの日本人のイスラエル訪問

5年後の今日イスラエルと日本の繋がりには誰もが興奮を感じることができるでしょう。 イスラエルへの事業委任数は2015年の15件未満から2018年には65件を超えるまでに増加しておりそれぞれの代理人の数は増えています。2019年1月には、100社以上の企業がJIINイベントに参加しました。丸紅、三井物産、村田製作所、Neuroderm、トヨタなど、すでに50社以上を超える日本の大企業がイスラエルに支社を構えています。しかしまだまだ長い道のりの旅があります。日本イスラエルビジネスコーポレーションについて考えます。

イスラエルの観光省の統計によると、2018年に韓国からイスラエルへの訪問者数は4万人、インドからは58,000人、中国からは114,000人で他国に比べて日本からの訪問者数はわずか2万人でした。ここ数年の中国とインドからの直行便は観光客増加に直接的な影響を与えました。

ちなみに、イスラエル外務省によるとイスラエルから日本への観光客数は2013年の1万5千人から2018年には4万人のジャンプとなり165%増を超えました。

相互賞賛

たとえビジネス文化がそれぞれの国で異なりこれに対処する事が非常に難しい場合でも、両国がお互いの業績を称賛していることは疑いの余地もありません。イスラエル人は、日本人の持つ品質と計画の正確さを賞賛します。そして反対に日本人は四国の島ほどの大きさの国のイスラエルの持つイノベーションとバイタリティーに感銘を受けています。両国間の絆は共通の情熱でありこれは大きなな挑戦を克服させます。あるイスラエル-日本間の専門家は次のように述べています。 「日本人がイスラエルを訪問することは困難です。しかし彼らが最終的に去ることはさらに困難です。」

初めての海外出張への挑戦

すべての企業管理者の希望は近くであろうと遠くであろうと出張により事業が成長する上での明白な結果をもたらすことです。イスラエルへの9000キロの旅を企画する場合これはさらに重要です。

ここで質問をします:「初めてのイスラエル出張で日本企業がビジネス上の良いコネクションを見つける事は簡単でしょうか?」これは準備のレベルによって異なります。現時点では、ほとんどの訪問者はイスラエルのイノベーションエコシステムの一般的な概要を得ることを期待しているだけです。そして次に何が起きるでしょうか?訪問の後より深く追求するでしょうか?それとも最初の連絡先は途絶えてしまうでしょうか?

テクノロジーとイノベーションの大きな問題は誰も待ってはいないということです。イスラエルで素晴らしいアイデアを持つイノベーターは日本の会社との繋がりをまず希望するかもしれません。しかし中国や韓国の企業がより早く行動を起こしたとしたら、それは当然ですね。それなら、他国の代わりに繋がりを掴んではいかがでしょうか?

計画と調整の役割を担いイスラエルで1年以上活動に従事している日本の上級管理職、長野浩二氏(変更名)は、次のように状況を述べています。「変化は日本で起こっています。しかし十分に敏速ではありません。ビジネス習慣は国内市場対応のようにそれ自身のペースで動いています。日本のビジネスマンは一般的に他国市場とのコミュニケーションをとるのが難しいと感じていますが、これはとても不利です。」

準備時間を増やす

日本からイスラエルを訪問するビジネスマンにより良い結果をもたらす為の要因は何でしょうか? Keyzuna MarketingのMike Druttmanマイク・ドルットマン氏は、より多くの情報を共有し合ういそしてこれらをより早い段階で行うよう彼らに求めています。

マイクは以前訪れた代表団とは「こんにちは」と言い簡単な自己紹介をして名刺を交換する以上の時間はなかったと言っています。しかし彼は将来に大きな期待をもっています。日本イスラエルビジネスコーポ―レーションは努力です。

「弊社は彼らにより大きな価値をもたらす方法を提供します。そしてイスラエルが再度訪問したい場所であることを彼らは理解するでしょう」