イスラエル

ウォーターテック

 

イスラエルのウォーターテック

イスラエルウォーターテクノロジー

 

イスラエルは水資源を管理する方法に優れています。イスラエルのウォーターテクノロジーは 雨水、再利用水、海水など、あらゆる種類の水資源を最大限に活用します。これらはイスラエルが自給自足をしなければならないことに由来します。イスラエルはまた隣国にもより多くの水を供給しています。

 

イスラエルは、砂漠が陸地の50%を占めています。そして気候変動と5年間の干ばつにより降水量ははるかに少なくなります。現状では、イスラエル北部は過去数十年よりも30%少なくなっています。尚且つ、冬でも作物を灌漑する必要があるでしょう。しかしながらイスラエルの水道には常に水があるのです。これがイスラエルのウォーターテクノロジーです。

 

自然に依存しない

今日、イスラエルの家庭用水の60%以上が、地中海沿岸に沿った5つの淡水化プラントから供給されています。さらに2つのプラントが建設中です。この生産能力に匹敵する国は他にありません。それは年間6億立方キュービックメートルの水です。

 

脱塩の主な会社は、その分野で55年の経験を持つ水処理のパイオニアであるIDE Technologiesです。 40か国以上に400の淡水化および廃水処理施設があります。 IDEは、化学物質を使用しない生物学的および物理的プロセスを使用して、細菌、シルト、藻類、およびその他の浮遊固形物を除去します。塩水(塩残留物)は、有害な影響なしに海に戻されます。

 

廃水の再生

イスラエルは、他のどの国よりも多くの廃水(85%以上)をリサイクルしています。そのほとんどは、パイプラインを介してネゲブの農場に灌漑のために届けられます。現在、国の農業の50%は処理された廃水で成長しているのです。これは農民が他の水資源の使用を避けることができることを意味します。

 

点滴灌漑は、植物の根の近くに貴重な水を供給するシステムです。これはイスラエルの発明であり、食料の供給を大幅に増加させる唯一の技術です。 Netafimのような企業は、点滴灌漑技術の改善を続けています。最初の導入から50年以上が経った今、新しい機能として目詰まり抵抗、耐久性、および運用効率などがあります。

 

隣国への水供給サポート

イスラエルの水技術における次の「大きなアイデア」は、ガリラヤ湖(キネレット)を淡水化水の貯水池に変えることです。海水淡水化プラントは、冬には過剰生産物のために送り込み、これにより深刻な干ばつの期間に緊急貯水池を作ります。

 

この大胆な計画により、イスラエルは水不足のヨルダンへの水の供給を大幅に増やし、安定した状態を保つことができました。もう1つのプロジェクトは、紅海と死海のパイプラインです。それは死海を補充し、ヨルダンの重大な水問題を助けます。ヨルダンの淡水化プラントは、パイプラインと並行して計画されています。

 

ウォーターイノベーション

Water-Genは、空気中の湿度を取り込み、それを飲料水に変える技術を開発しました。一連のフィルターが空気とチラーを浄化しその湿度を抽出します。

 

Utilisはイスラエルのスタートアップで、漏水検知に革命をもたらしました。衛星搭載レーダーを使用して、飲料水がシステムから逃げている場所を特定します。 2016年以来、27か国以上でUtilisテクノロジーが使用されています。

 

他の多くの分野と同様に、ウォーターテクノロジーはイスラエルでは急速なペースで成長しています。飲料水の供給が難しい世界では、イスラエルの貢献がこれをより確実なものに変えているのです。

 


これらはイスラエルの水産技術の簡単な概要です。 KEYZUNAはこの分野の企業ニュースを一早く入手しています。日本企業が水技術のニーズに最も適したイスラエルイノベーターを検索する支援をいたします。

続きを読む