私たちについて

私たちについて

日本とイスラエルとの堅い絆

 

2000年以降、日本投資家によるイスラエルへの総投資額は70億ドル($7 billion) 総ディール数250件を超えました。

 

正に、イノベーションのための場所

 

投資を行う日本企業はSoftbank、SBI、三井物産、日立、NTT、三菱やORIXなどのグローバルな大手を含みます。これらの企業はイスラエルをイノベーションの重要拠点とみなし、国境を超えてライバルに圧勝するためのテクノロジーを追求してきました。

 

 

日本の中小企業のイスラエル進出が活発になり出した2019年に、KEYZUNAは日本とイスラエルの架け橋として専門的に活動を開始し、これまでイスラエル視察に訪れる数々の日本企業を見てきた中で、日本企業とイスラエル企業のマッチングが上手くいかないケースをたくさん目の当たりにしてきました。特に初めてイスラエルを訪れる日本企業は中々ニーズに合ったイスラエル企業を訪問できていないのが現状です。

 

 

そこで日本企業とイスラエル企業のより頑強な橋渡しをする存在となるべく、日本とイスラエル双方のビジネスをよく知るマイク・ドルットマンとクニコ・鶴岡コーヘンの2人によってKEYZUNAが設立されました。KEYZUNAは言語・文化の壁を超え、日本とイスラエルの相互理解、そして末長く続く良好なビジネス関係構築に貢献・サポートしていきます。

 マイク ドルットマン 

創業者兼エグゼクティブマネージャー

 

「イスラエルと繋がりたい日本のビジネスパーソンに、最高で最適なビジネスチャンスを」

 

マイクは長年にわたって様々な企業の海外進出と発展をサポートしてきた、豊富な経験を持つビジネスコミュニケーターです。活動場所はイスラエルをはじめ、アメリカ、イギリス、フランス、トルコ、アラブ首長国連邦など世界各国に及びます。

 

英国出身、イスラエルに40年以上在住する中で、ソフトウェア、通信システム、セキュリティ、医療機器、アグリカルチャーなど幅広いテクノロジー分野で活躍する数多くの現地の企業と深い関係を築いてきました。

 

近年は、革新的なアイデアを求める日本のビジネスパーソンをサポートし、イスラエルで足掛かりとなる「拠点」となることが第一目標です。日本イスラエル商工会議所の会員でもあります。

 マイク ドルットマン 

 共同創立者 エグゼクティブマネージャー

 

マイクは既存の(長い)コンテンツを西洋の視聴者にとって魅力的な方法で凝縮する方法を知る、熟練した英語のビジネスコミュニケーターです。

 

彼の能力はウェブサイト、プレゼンテーション、記事、講演者のサポート、広報、ビジネス文書など、多くの市場と業界を網羅しています。

 

マイクのプロフィールを読む

「日本企業にイスラエル訪問で

大きな成果を与えたい

 クニコ  鶴岡 コーヘン 

日本スペシャリスト

 

「両国間の文化を深く理解することは大きな資産となります。」

 

クニコはイスラエルに30年以上在住し、イスラエルと日本のビジネスシーンに長年携わってきた数少ない日本人の一人です。そのためイスラエルと日本両国の文化およびビジネス的側面を深く理解しており、日本とイスラエル間のより深い絆を築く取り組みを絶えず、惜しみなく行ってきました。

 

日本への市場参入を模索する多くのイスラエル企業がクニコの経験や知識を享受し、逆に、イスラエル企業とコンタクトを取ろうと試みたりイスラエル関連の価値の高い情報を求める日本企業への手厚いサポートもしてきました。

 

在イスラエル日本大使館、ジェトロ、日本イスラエル商工会議所など、二カ国間の関係構築に貢献する重要機関と堅い信頼関係を築いています。英語とヘブライ語にも堪能です。

 

KEYZUNA」という社名について「人と人の繋がり・結束」を表す言葉として、東日本大震災が日本人の価値観に大きな影響を与えた2011年の漢字に「絆=KIZUNA」は選ばれました。私たちは、日本とイスラエルのビジネスを繋ぐ願いを込めた「鍵=KEY」とかけて、「KEYZUNA」と名付けました。